変形性膝関節症

病気

○変形性膝関節症とは?

 膝関節のクッションになる関節軟骨が加齢とともにすり減っていくことにより、関節内に炎症が起きたり、変形が生じたりして痛みや腫れを生じる病気です。

○変形性膝関節症の原因

 関節軟骨の老化によるものが多く、肥満や遺伝子も関与していると言われています。加齢によるものでは、関節軟骨が年齢ととも弾力性を失い、遣いすぎによりすり減り、関節が変形します。

○変形性膝関節症の分類

・一次性:原因不明だが、中年以降の肥満女性に多いです。

・二次性:外傷(化膿性関節炎、靱帯損傷、半月板損傷)、炎症(化膿性関節炎、結核性関節炎、関節リウマチ)、代謝性疾患(血友病など)などの病気に続いて発症したものを指します。

※一次性は両膝、二次性は片膝に発症することが多いです。

○変形性膝関節症の症状

・痛み:運動時や荷重時の痛みが主ですが、安静時に痛みが出ることもあります。

・大腿四頭筋の萎縮

・O脚(膝内反変形)

・前方動揺:anterior thrust 悪い方の膝に体重がかかると膝の曲がる角度が増え、前方に動揺すること。

・外側方動揺:lateral thrust 悪い方の足に体重がかかると膝が外側に動揺する現象のことをいいます。

○変形性膝関節症の治療

・保存的治療:安静、免荷、温熱療法(入浴)・寒冷療法、リハビリ(筋力増強訓練・バランス訓練)、薬の投与、関節内注射、ダイエット、装具(杖やサポーターなど)のことを指します。

・手術的治療:1年以上リハビリや保存療法を行っても、症状が変わらない・増悪するなら手術を考えます。

○手術適応

・脛骨高位骨切り術:変形を伴うときに矯正し、荷重される箇所を均等化します。整形外科医の指示のもと、慎重な荷重調整が必要となります。

・人工膝関全置換術:股関節よりも脱臼を生じない分リスクは少なく行えます。

○リハビリ

・筋力増強訓練:膝関節を伸ばす筋肉が落ちやすく、その筋力低下が関節への負担を増やし痛みを生じるため、さらに筋力低下が進行するという悪循環が生じます。その悪循環を断ち切るために筋トレは重要です。

  股関節の屈筋群、伸筋群も膝関節の補強を行っているため 、膝関節周囲の筋力だけでなく、股関節周囲の筋力も重要になります。

 自転車こぎも膝関節によい筋力訓練になります。

大腿四頭筋(大腿直筋、内側広筋)、ハムストリング、大腿筋膜張筋

・関節可動域訓練:膝関節がしっかり伸びなくなると大腿四頭筋に過度な伸張が加わり、十分に緊張を保てなくなる。

→エクステンション・ラグの原因にもなる

※正常では歩行に70°、階段昇降に90°、靴を履く動作や座面の低い椅子からの立ち上がり動作に110°程度の曲がりが必要になると言われています。

○参考文献

骨・関節系理学療法クイックリファレンス第2版 [ 岡西哲夫 ]
価格:7700円(税込、送料無料) (2020/2/12時点)楽天で購入

図解理学療法技術ガイド第4版 理学療法臨床の場で必ず役立つ実践のすべて [ 石川斉 ]
価格:9350円(税込、送料無料) (2020/2/12時点)楽天で購入

ここがポイント!整形外科疾患の理学療法改訂第2版 [ 河村廣幸 ]
価格:7150円(税込、送料無料) (2020/2/12時点)楽天で購入

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました